ニュース

【少量・多品種・短納期】の包装工場新設

2014年11月14日

太田油脂株式会社(愛知県岡崎市福岡町字下荒追28、代表取締役社長太田健介)は、岡崎工場内に新包装工場が完成し、竣工することになりましたのでお知らせいたします。

これまで3箇所に分散していた包装工場を集約し、新たに建設致しました。

その新工場の建設目的は①作業効率 ②安全環境 ③衛生環境 並びに④BCP(地震)対策 を向上・確保いたしました。

新工場の機能としては、4g~180kgの包装が可能となるセル型充填機6基を導入、150アイテム以上の製品のQCD(品質、コスト、納期)が実現致します。

また、今回は愛知県と岡崎市より『産業空洞化対策減税基金』に基づく『新あいち創造産業立地補助金』の補助対象案件として選ばれ、新製品開発と雇用創出を進めて参ります。

今後、更に事業拡大をはかるとともに、お取引様へのサービス向上、衛生管理の徹底、生産体制の強化、地域社会への貢献を目指します。

【新包装工場の概要】 

場  所  愛知県岡崎市福岡町下荒追28 岡崎工場内

建屋概要  床面積  約2,400㎡ (2階建て、ボイラー完備)

設備概要  油脂製品の調合・充填・包装設備

充填内容  ドラム缶、一斗缶、BIB(バッグ・イン・ボックス)、ガラス瓶、プラボトル、

空気逆止容器(PID・デラミボトル)、ピロー袋、小袋フィルム、他

充填対応  食用油脂、食品添加物、マーガリン・ショートニング、有機JAS

稼動開始  2014年 11月

投 資 額  約10億円

IMG_5847

本件問合せ先 太田油脂株式会社 0564-51-9521 総務部:太田謙次

PAGE TOP