ニュース

岡崎エコビレッジ開村!!

2010年07月23日

岡崎エコビレッジ開村!!
-使用済み天ぷら油リサイクル燃料プラント「e-BDF工場」-

 太田油脂株式会社(以下太田油脂、本社:岡崎市 社長:太田健介 事業:植物油製造)はバイオディーゼル燃料製造設備(新名称e-BDF工場:イービーディーエフでeとはecoの略)の能力を現在の10倍に致します。(新能力:月産20KL)本装置の稼動開始は7月下旬を予定しています。既存の品質を確保した上で量産化を図る事を目的とした連続生産方式の設備化を致しました。また今回の設備投資資金の一部は、上記目的の為の研究開発費として全国中小企業団体中央会からの補助金にて賄われています。

 弊社は資源循環型企業を目指し、平成20年よりバイオディーゼル燃料の製造を開始致しました。自社で製造した食用油を販売し、使用済み食用油を回収後、適切な品質のバイオディーゼル燃料に加工し、回収した企業・生協・自治体等に販売する仕組みを構築し実践しています。

 品質は平成21年に制定されたJIS K 2390に合致し、高い品質を保持しています。また同製造技術は、豊田通商(株)、豊田ケミカルエンジニアリング(株)他との共同開発によるものであります。弊社は、今後も高品質なバイオディ-ゼル燃料の供給を目指し努力していきます。

——————————————————————————–

 エコビレッジとは「お互いが支え合う社会づくり」と「環境に負荷の少ない暮らし方」を追い求める人々が作るコミュニティのことです。太田油脂は「地球のための循環型企業」として地域の資源を有効に活用する為に、植物油製造副産物の肥料化・飼料化等を実践してまいりました。この度、更に活動を躍進させるためにバイオディーゼル燃料製造設備(新名称e-BDF工場)を中心にエコビレッジ(中核施設名称)を構築し、地域の使用済み食用油を環境対応型のエコ燃料に加工することで「CO2削減・地球温暖化防止に努める環境保護の取り組み」及び「環境・人・心にやさしい街づくり」を推進していきます。

100721_eco01

100721_eco02

【本件の問合せ先】
 太田油脂株式会社 営業本部油脂グループ 守山・本多 0564(51)9521
          総務部 朝倉

PAGE TOP