ニュース

伝えたい、植物資源の大切さ

2016年07月12日

図1植物油脂を製造する太田油脂株式会社(本社:愛知県岡崎市 代表取締役社長 太田健介)は、
岡崎市教育委員会が推進するスーパーサイエンス推進事業の一環で、
岡崎市立福岡中学校1年生4クラス(135名)へ特別授業を2016年7月5日(火)に行いました。

福岡中学校の1年生が学んでいる植物をテーマに開かれた特別授業は、
当社研究開発グループ古賀が講師を務めました。
普段授業で学んでいることをふまえながら、当社が製造している植物油脂を例に、
資源を有効利用して循環させる活動について解説しました。

授業中に中学生へ問いかけると、たくさんの手が一気に上がり、
最後まで積極的な姿勢で受けていただけました。
授業の最後で、「植物資源を大切にしてほしい」と生徒たちにアピールすると、
「食糧を5,800万トン輸入して、800万トンも無駄にしているのはもったいない」と感想を話していました。
 

今回の特別授業はスーパーサイエンス推進事業の一環で行いました。
今後も食育を中心とした講演等で、社会貢献に努めてゆきます。

 

<特別授業概要>

【テーマ】植物と私達の生活
【講 師】太田油脂株式会社 研究開発グループ 古賀 丈晴
【日 時】2016年7月5日(火) 6限(14:00~14:45)
【場 所】岡崎市立福岡中学校内 体育館アリーナ
【対 象】岡崎市立福岡中学校1年生1~4組 135名

<本件に関するお問い合わせ>
太田油脂株式会社 総務・人事グループ 市川・牧野
TEL:0564-51-9521(受付時間/平日8:30~17:30)
FAX:0564-54-3037
E-mail:toiawase@ohtaoilmill.co.jp

PAGE TOP