製品一覧

匠の塗油

Q&A

建築の現場から

末広建築設計 末広忠昭氏
末広建築設計 末広忠昭氏

[1]匠の塗油や純正荏油を愛用する建築家のお話ある山荘の設計を依頼された折、
家族にアレルギー体質の方があり、対策をご要望されました。
そこで可能な限り天然物の材料を選び、外部・内部の仕上材を木にしました。
木部の処理は、すべて安心な天然塗料である「荏油」を使用した結果、ご家族には健康的かつ快適な空間で過ごして頂いています。

また、名古屋市内の幼稚園にも「荏油」を使いました。
一般の有機溶剤系塗料に比べやや乾きにくい点はありますが、それにも増して、小さな子どもたちが長時間を過ごす幼稚園にも安全な天然塗料という点の魅力は大きく、人のための空間作りに適した材料だと考えています。

よくあるご質問  ※ Q(質問)をクリックするとA(回答)を表示・開閉します。

何回塗ればいいですか?
  • 1. 一回塗りで充分です。
上手な塗方は?
  • 1. 薄く擦り込むようにできる限り、伸ばし塗りして下さい。
  • 2. 浸透性は良いので、塗ってすぐに乾拭きしてもOK。右手で塗り、左手で拭き取る連続作業でOKです。
  • 3. 表面の油は残さないように充分に拭き取ってください。
    (手の平で触り、べとつかずさらっとした状態まで乾拭きして下さい。)
乾燥時間は?
  • 1. 「純正荏油」は48時間以上
  • 2. 浸透性は良いので、塗ってすぐに乾拭きしてもOK。右手で塗り、左手で拭き取る連続作業でOKです。
  • 3. 「匠の塗油・久米蔵色・墨色」は48時間以上です。
  • 4. 「匠の塗油・彩速」シリーズは12~24時間です。
    ※木材の種類・季節・立地条件等により、色や仕上がりが異なったり、乾燥時間が著しく遅れる場合があります。必ず同一の木材に試し塗りをし、乾燥・仕上がり状態を確認後ご使用下さい。
4~5日立っても乾いた感じがないのですが
  • 1. 多く塗り過ぎているか、拭き取り不足の可能性があります。
  • 2. 表面の油を乾いた布で良く拭き取ってください。
  • 3. 窓を開けて換気を良くすると乾燥は早まります。
色は?
  • 1. 匠の塗油、純正荏油、彩速・濡色はクリヤーですが、水に濡れた様な、いわゆる濡色になります。
    ・予め同一の木材で試し塗りをしてご確認下さい。
  • 2. 「匠の塗油・久米蔵」は年月を経た古材の色合い(深い茶色)、「匠の塗油・墨色」は自然の墨色(黒色)を出す塗料(塗油)です。
  • 3. 彩速シリーズの玄色は黒色、煉瓦色は茶色、栗色は茶褐色、山吹色は黄土色、淡雪色は白色、赤錆色は茶赤色になります 。
    ※ひのき、松など油分を多く含む木は部分的に色の濃淡ができます。
色艶は?
  • 1. 木の自然な色艶を引き出します。(白い木は白いまま、濃い木は濃く)
  • 2. 木目が引き立ちます。
匂いは?
  • 1. えごま油特有の匂いがします。
匂いは消えますか?
  • 1. 乾燥により、確実に匂いは薄くなります。
    (10日から2週間程でにおいが気にならなくなります)
  • 2. 個人差がありますので、ご使用前に匂いに反応しないか確かめてからご利用ください。
    十分な換気をお奨めします。
どれだけの広さを塗れますか?
  • 1. 木の材質や表面の仕上げにより異なります。
  • 2. 匠の塗油、1リットル当り30?(約9坪/18畳)が目安です。
  • 3. 純正荏油500mlで25?。
  • 4. 久米蔵色、墨色は20~30?/リットル。
  • 5. 匠の塗油・彩速シリーズは約45?/リットル。
どのくらいの期間でメンテナンスが必要?
  • 1. 特にメンテナンス時期を指定しておりません。気になった時に(カサカサ、色あせ)気になった部分だけをお塗りになれば良いと思います。(当社姉妹品「匠の艶出し」で磨きますと、メンテナンスにも艶出しにもなります。)
  • 2. 一応の目安は1年です。(再塗布よりも日頃の乾拭きによって自然な艶を引き出す事ができます。)
塗り上げた床の掃除方法は?
  • 1. 普通の掃除と同じです。
  • 2. 掃除機などで埃をとり、固く絞った雑巾・モップで拭いてください。
    乾拭きする事で、落ちついた光沢が出ます。
床にキズを付けてしまいました。
  • 1. ある程度のキズは部分塗りをすることにより、キズが目立たなくなります。
  • 2. しつこいキズは、#240以上のサンドペーパーをかけ、キズを取ってください。
    その部分が白っぽくなりますので、「匠の塗油」を塗ってください。(部分塗りができます)
注意点は?
  • 1. 木部浸透型です。
  • 2. 塗りすぎには充分気をつけてください。
  • 3. 表面に油を残さないよう、充分乾拭きしてください。
  • 4. 塗り過ぎ、拭き取り不足ですと、いつまでもベタベタして乾かない原因になります。
    ・ 匠の塗油・久米蔵色・墨色、匠の塗油 彩速のカラーシリーズは、天然物・天然顔料のみ使用しておりますので、乾燥後も衣類等でこすると色移り、色落ちがあります。
子どもがなめてしまいました!
  • 1. 天然植物油で、有害物質を含んでおりませんが、食品規格ではありません。ごく少量であれば問題ありませんが、念の為、医師にご相談下さい。
使用済みのウエス(タオル)の処理は?
  • 1. 塗布や拭き取りに使用したウエスは、自然発火の恐れがあります。
  • 2. 速やかに焼却するか、十分に水に浸してからビニール袋に入れ、密封し可燃物として処理して下さい。
  • ご購入はこちら
  • サンプル申し込み
  • お問い合わせ
  • PDF
  • PDF
  • PDF
  • PDF
  • Q&A
  • PDF
  • 製品一覧
  • えごまオイル
  • 特殊油脂
  • オイリーシーズニング
  • アレルギー対応食品
  • 木製オイル
  • 飼料
  • 肥料
  • マルタショップ
  • 社会活動
  • 会社紹介
  • 工場紹介
  • 採用情報

PAGE TOP