特集

赤毛のアンの島から届く上質ななたね油「キャノーラオイル」
圧搾一番搾りキャノーラオイル

ここは、太田油脂の菜種栽培をしてくださっている契約農家さんのあるカナダのプリンスエドワード島。
安心・安全な原料をもとめて出会った島です。そして、ここは、小説「赤毛のアン」の舞台となったところ。物語のように美しく、まるで映画を見ているような風景が広がっています。

この美しい島で栽培された、遺伝仕組み換えではない「なたね」を圧搾製法で搾ったものが「PEIキャノーラオイル」(プリンスエドワード島産なたね油)です。

NHK連続テレビ小説「花子とアン」を特集したNHKドラマガイドに、

PEI(プリンスエドワード島)キャノーラオイルは、プリンスエドワード島のなたね農家さんと契約栽培した非遺伝子組み換えのなたねを100%使用しています。

プリンスエドワード島は「世界一美しい島」とも言われています。

パンにつけていただくと、その美味しさを実感していただけます。オリーブオイルのようにサラダにかけたり、バターの代わりにオイルを使ったお菓子づくりにもご利用ください。

PAGE TOP