特集

美しい花から上質の油をいただく

美しい姿で私たちの目を楽しませてくれる四季折々の花々。
その美しい花から生まれた種子を搾って油をいただきます。

アーモンド

これは何の花でしょう?
桜に似てますね。 アーモンドの花です。

ビタミンEが豊富です。オレイン酸リッチでくせもなくコクのある風味豊かな油で素材の良さを引き立てます。

椿

こちらはわかりますね。椿です。

酸化されにくいオレイン酸を比較的多く含みます。食用のほか、鬢付け油に使われることでも有名。伊勢神宮式年遷宮に太田油脂が奉納するお灯明油は、椿の実を搾って作られます。

菜の花

ご存知、菜の花

あっさりとした風味を持つ加熱安定性の高い油です。「キャノーラ」はカナダで品種改良された菜種の品種の一つです。家庭用や業務用に広く使われています。

ひまわり

そして、ひまわり

ビタミンEが豊富でオレイン酸リッチでさらさらしており、酸化安定性に優れカラッと仕上がります。

えごま

こちらは、ご覧になったことがある方は少ないでしょうね。
えごまです。

えごま油には私たちの食生活に不足しがちなオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)が、多く含まれ、健康的な食生活に欠かせない油として注目されています。

こうした美しい花たちが実を結び、その実や、胚芽を絞って油をいただきます。
自然って、ほんとうに素晴らしいですね。

開発します・なんでも搾ります >>

PAGE TOP