歴史 | 太田油脂株式会社

歴史

昭和30年ごろの太田油脂
明治35年(1902)
盛産社として愛知県岡崎に創業
昭和12年(1937)
太田製油所に改称 搾油開始
昭和22年(1947)
太田油脂工業株式会社発足
昭和24年(1949)
宮内庁に御灯明油納入開始
昭和37年(1962)
味の素株式会社の関連会社に
伊勢神宮に御灯明油献納開始
昭和30年ごろの太田油脂
昭和44年(1969)
太田油脂株式会社に改称
昭和52年(1977)
名南工場完成
昭和54年(1979)
園芸肥料工場竣工
昭和59年(1984)
本社新社屋完成
平成元年(1989)
海産物事業及びOS事業開始
平成14年(2002)
創業100年
中国・大連太田食品株式会社設立
平成16年(2004)
株式会社J-オイルミルズの関連会社にグリーン事業を分社化して、新会社、株式会社JOYアグリスを設立
平成17年(2005)
愛知ブランド企業認定
韓国太田食品株式会社設立(創立時名称 永田食品株式会社)
茨城工場新設
東京支店設立
平成20年(2008)
太田健介・4代目社長に就任
平成22年(2010)
e-BDF工場竣工
平成24年(2012)
創業110年
平成25年(2013)
第62回式年遷宮・椿御灯明油「恭奉浄油」奉献
平成26年(2014)
海産物事業を分社化して、新会社「株式会社シーウィード・ジャパン」設立
平成26年(2014)
新包装工場竣工
平成27年(2015)
日本脂質栄養学会において「ランズ賞 産業技術賞」を受賞
平成28年(2016)
一般社団法人日本有機資源協会が主催する、第3回「食品産業もったいない大賞」において審査委員会委員長賞を受賞
平成28年(2016)
中国・黒龍江省・佳木斯市に樺南県広森農産品加工有限公司を設立
marutaショップ通販